今夜のJ-waveで流れたモンゴル・ヒップホップのプレイリスト

11月17日夜、あっこゴリラさんの人気番組「SONAR MUSIC」(J-wave) に文化人類学者の島村一平さんがゲスト出演されていました。選曲かっこいいですね〜、最高でした。番組内で流れた曲をここに一気載せします!(各曲の解説は主に番組内の島村さんのコメントよりいただきました)

to Amazon link

NENE ” Sugar mama”

コロナ禍に登場してきた若き女性ラッパーNENE。Sugar mamaはママ活の意味。NENEは大学の心理学科に通っている学生さん。

Rumino “Parist 2-ulaa bolzono! ft. Ankhmaa”

パリに二人でデートしよう!という曲。

Pacrap “Give Me Justice”

コロナウイルスに対する政府の政策を批判する曲。

Tatar “Busdiin hairiig hundel”

番組内ではイントロ部分である坂本龍一さんの「ラスト・エンペラー」のみ流れていました。

Quiza “Hiimoriin san”

Hiimoriin sanとはチベット仏教のお経の意味。男性の運気を上げるためのお経を茶化して、ロックとかポップスじゃダメ、ヒップホップじゃないと運気上がらないぞー!という曲。2007年。

Ginjin & Mrs M – Biye Daa (Sergen Mand)

スカートを決して履かない、常にサングラス姿のカッコイイMrs.M。目を覚ませ、自立せよ!という曲。

NMN “JONON tsahilbaa”

遺伝子工学を大学で専攻していたNMN。馬頭琴のグループとコラボして、天城越え並みに一途な恋愛を綴った「火花」という曲。

thunder z ”Er hun shig er hun bai”

モンゴル国立大学でITを専攻する現役学生ラッパー。男らしくあれ、という反DVの曲。身体的なマッチョではなく、身近な母親やパートナーに対して優しく接していこうよ、というメッセージ。

 

島村さんのおかげで、メジャーな番組にてモンゴルのヒップホップが流れまくることが嬉しすぎます。。。

ライムスター宇多丸さんの「アフター6ジャンクション」に島村さんが出演されたときのプレイリストも! ↓

今夜TBSラジオで流れたモンゴルのヒップホップ曲!