焚き火のある講演会でお話しました

Print Friendly, PDF & Email

オンラインの「焚き火のある講演会」(2月23日開催済)で、初めてモンゴルと出会ったときの衝撃や、フリーランスになり再びモンゴルに通うようになった動機など、90分間お話しさせていただきました。

中でも、2000年にウランバートルのスフバータル広場で偶然出会い、日本人である私のことを家族のように迎え入れてくれたターニャ一家との交流を中心に話しました。

たくさんの方々にご参加いただき、どうもありがとうございました。「モンゴルの楽しさを知りました」という感想をいくつもいただき、とても嬉しかったです。

同時に私にとっては、ご参加いただいた皆さんからのコメントや感想が新鮮で面白かったです。たとえば、「草原にはどんなハーブが生えているのですか?」「ロシア人とモンゴル人のハーフは多いですか?」「ノグソしたあと、おしりを何で拭くのですか?」「遊牧民の娯楽は何ですか?」「英語は通じますか?」などなど……!

講演会はもう終わりましたが、そのときの音源をこちらからオンデマンドでお求めいただけます。ご関心のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ聞いてみてください!

焚き火のあるところ:https://bonfire-place.stores.jp/items/6036e10231862526eac63bdd