ゴビ砂漠を老若男女がひたすら滑る! ダイナミックな「ひこうき遊び」

忘れられない、モンゴルで教わった遊びがあります。砂漠の「ひこうき遊び」です。

もう20年ぐらい前になりますが、ゴビアルタイ県を旅していたとき、砂漠に湖が突然現れました。

湖を見つけたモンゴル人は「素敵!」と叫び、みんな次々と水の中へ入っていきました。水着なんて持っていません。洋服をそのへんでポンポン脱いで、女性はブラジャー丸見えですが全く気にしません。

そのときは10人以上のモンゴルの老若男女と一緒でしたが、誰一人泳ぎを知りませんでした。みんなお互いに水をかけ合って遊んでいました。そこで日本から来た私がクロールや平泳ぎをしてみせると、「おお」と歓声がわき、泳ぎ方をレクチャーしました。モンゴルの大自然の中でほとんど役立たなかった私が、唯一モンゴル人に何か教えることができた瞬間でした。

ひと通り遊んだら、岸辺の砂にみんなで寝転んで、水を乾かしながら体を温めました。タオルなんて誰も持っていません(笑)。

そして今度は、大人も子供も砂漠の丘をかけ登り、上から下へと滑り台のように滑り落ちる遊びを始めました。誰かが滑るたびに、砂がゴオオオと地響きのような音を鳴らし、まるで飛行機が飛んでいるような音があたりに響きます。これを「ひこうき遊び」と言うそうです。

砂漠にはフナムシのような、黒くて足の速い虫がひそんでいました。モンゴル人たちはその虫を一生懸命つかまえて、大きなガラスビンに入れ、ウオッカを注いでお酒を作っていました。「このお酒は胃にすごくいいのよ」とモンゴル人のお母さんが教えてくれました。