menu

About

独特のしきたり、遊牧民の暮らしの知恵、街の流行など、日本人の私がこれまでモンゴルを訪れてカルチャーショックを受けた!モロモロをのせています。

日本人とモンゴル人。顔もことばの文法もよく似ているのに、気質や考えかたはまるで正反対!

私から見てモンゴル人はおもしろいと感じることは、先のことをぜんぜん考えない、予定をころころ変える(約束はあてにならない)、親しい相手には「ありがとう」をほとんど口にしない、個人プレーが得意でチームプレーは苦手、初対面の人に対してもハッキリものを言う、みんなサングラスをかけている、胸板が厚い、朝昼晩と肉を食べる(とくに脂身が好き)、歌って踊るのが大好きなラテン系、お酒の飲みっぷりがすごい、などなど……

おおらかだけど激しく、飄々としてそっけなく感じるけれど困っている人がいれば手を差し伸べる。大自然にひそむ目に見えない神様を敬い、しきたりを丁寧に守る。そういうところにとても惹かれます。

東京から首都ウランバートルまで直行便で5時間ほど。そばにある国なのに、日本で得られるモンゴルの情報は多くありません。近いけれどよくわからない、遠いようで身近に感じるモンゴルについて、自分が見たことや、モンゴルの友人たちから教えてもらった話をここでご紹介していきます。

フリー編集者・ライター 大西夏奈子

Mongolian Economy」「デファクト・ガゼット新聞(日本語版)」「望星」でほぼ毎月連載中

 

PAGE TOP