モンゴルオリンピック委員会会長で金メダリスト、トゥブシンバヤルが泥酔して暴行事件

日本に負けず、モンゴルのオリンピック委員会も今タイヘンなことになっています……。委員会会長である柔道元オリンピック金メダリストのナイダン・トゥブシンバヤル氏(日本のニュースではツブシンバヤルと表記されることが多い)が、酒に酔って友人をボッコボコに殴るという暴行事件を起こしてしまったのです。殴られたエルデネビレグ・エンフバト氏も柔道家の青年。彼が血だらけで床に倒れている壮絶な写真がSNSで回っていました。

事件が起きたのは4月2日の夜。この日は度重なるロックダウンの合間で、ふたりはバーで飲んだ後だったのでしょうか。36歳のトゥブシンバヤルが、なぜ仲のいい柔道仲間であるエンフバトを殴ったのか、どんなやりとりがあったのかなかったのか、真相はまだ調査中とのことです。倒れたエンフバトを見つけた通行人が警察を呼び、すぐに病院の集中治療室に入りました。頭に深刻なダメージがあり、意識不明の重体でした。

モンゴルメディア「gogo」より(左から2番目がトゥブシンバヤル)

トゥブシンバヤルはモンゴルのヒーローです。2008年北京オリンピックの柔道100kg級で金メダルを獲得したのですが、これはモンゴル国にとっても初めての金メダルでした。さらに2012年のロンドンオリンピックでも、足の負傷を乗り越えて銀メダルを取りました。
そして2020年8月、モンゴルのオリンピック委員会の委員長にほぼ満場一致で選出されたのです。

事件の直後、エンフバトの妻であるナイディンツェツェグはSNSに血だらけの夫の画像と以下のメッセージを載せました。
「トゥブシンバヤル、なんて汚い手なの。夫があなたにどんな悪いことをしたというの? 元気で明るい彼を返して」

重症のエンフバトは意識がしばらく戻らず、慎重に治療が行われ、ソウルの病院へ移されました。もちろんナイディンツェツェグも今一緒にソウルにいます。さらに4月半ば、トゥブシンバヤルの妻であるオユンビレグもソウルへ飛んだと報道されています。

肝心のトゥブシンバヤルは事件直後行方がわからなくなっていましたが、発見されて拘置所に拘留されました。「エンフバトの治療費や輸送費を自分が負担する」とバトトルガ大統領が手をあげたりもして(人気とり?)、罪の意識を感じたトゥブシンバヤルが支払うことで決着したようです。

このニュースの続報がその後も出ており、トゥブシンバヤルがエンフバトの持っていた2台のスマホを破壊して持ち去ったという話も……。スポーツ大国モンゴルにとって、オリンピックは選手にとっても国にとっても重要イベントのはず。大会を率いる委員会会長の重責を負いながら、トゥブシンバヤルはなぜ感情的になってしまったのでしょうか。当然、委員長の座はおろされました。さらになんと拘置所でコロナに感染したというニュースも出ています。

国民がトゥブシンバヤルに失望し、エンフバトの復活を祈っていた矢先、ソウルのエンフバトからメッセージが発表されました。
「親愛なるモンゴル国民の皆さん、韓国の病院からご挨拶いたします。皆さんが私の回復を祈ってくれていることに感謝します。おかげで非常に早い回復を遂げています。間も無く私はモンゴルへ帰り、100周年を迎えるナーダムのトレーニングを始めたいと思っています」

エンフバトが無事回復に向けて進んでいるようで良かったです。トゥブシンバヤルの20日間の拘留期間がもうすぐ終わりますが、黄金の柔道人生を歩んできた彼が自分のした罪を国民にどう説明し、どう裁かれるのでしょうか。

なおウランバートル在住の友人と昨日電話で話したところ、モンゴルも日本同様でオリンピックへの盛り上がりにイマイチ欠けるそうです。モンゴルは最近コロナ感染者が急激に増えており、現在もロックダウン中で、経済的にとても厳しい状況にあります。日常を生きるのがいっぱいいっぱいで、オリンピックどころではないというのが本音のようです。

追記(2021年4月28日):

エンフバト自身が「間もなく故郷に帰る」とメッセージを出したというニュースは不正確であると、彼の身内が語っているそうです。今も彼は韓国のMRIに入っており、非常に重篤な状態であることには変わりないそうです。回復を祈るばかりです。