農作物と電気で稼ぐ”半農半電”で零細農家を救え! 農業界の革命児、ファームドゥ創業者が仕掛ける新しいアグリビジネス

Print Friendly, PDF & Email

ニッポンには人を大切にする”ホワイト企業”がまだまだ残っている……。連載『こんな会社で働きたい!』第27回は、農産品の直売所や”半農半電”の取り組みを通じて農家の所得向上に貢献しているファームドゥ(群馬・前橋市)だ。

***

農家の朝採り野菜を都心で買える直売所、「地産マルシェ」。新鮮さに加えて手頃な価格も魅力で、JR中央線沿線にある阿佐ヶ谷店は地元の買い物客でいつも賑わう。近所のカフェ「ひねもすのたり」の店主は、「花オクラや山菜、やよいひめという群馬産のイチゴなど、珍しい野菜や果物があるのもうれしくてよく利用します」と話す。

この直売所の仕掛け人が、群馬県前橋市に本社を置くファームドゥ株式会社の岩井雅之社長(64歳)だ。同社は今年で創立25周年を迎える。

群馬の農家に生まれ育った岩井社長は、高校生のときにテレビでペルシャ湾の石油採掘現場の映像を目にし、「いつかあんな大きな世界に立ってみたい」と、大学は海洋資源学を専攻。卒論実習では、広大な地平線に憧れオーストラリアへウラン調査に出かけたという。

大学卒業後は地元で大型ショッピングセンターを展開していた企業に就職し、店舗の設計や店長を経験して14年後に退職。辞める間際の5年間は休みの日に事業計画書を書き続け、「農業の店を作りたい」と夢見るようになった。

当時は1000平方メートル以上の大型店舗については届出から1年間は新設不可という法規制があり、本当はすぐにでも店を開きたかったが、断念。子どもが生まれたばかりだというのに無収入に陥ってしまい、軽トラックを買って荷台に農業資材を積み、行商を始めた。……

続きはこちらから➡️ 週プレニュース(2018.9.23)