日本メディアの中のモンゴル

Print Friendly, PDF & Email

相撲と草原のほかに何がある?

「モンゴルといえば何を思い浮かべますか?」と日本人に尋ねてみると、こんな答えが返ってくることが多い。相撲、朝青龍、白鵬、草原、スーホの白い馬、星空、マンホールチルドレン……。「ウランバートルにはビルが建っているの?」と逆に聞かれることもたまにあり、経済発展のイメージはまだ薄い。

同じ北東アジア地域に属する近所の国でありながら、なぜモンゴルの情報は日本メディアで報道される機会がこんなに少ないのか? 習近平国家主席、プーチン大統領、金正恩朝鮮労働党委員長、文在寅大統領は頻繁に取り上げられるのに、どうしてバトトルガ大統領の名前を聞くことはないのか? 新聞やテレビでよく話題になる国は当然、読者や視聴者にとっての存在感も大きくなっていく。モンゴルはこれからも「近くて遠い国」であり続けるのだろうか。

日本経済新聞で書かれた回数

実際にはどれくらい少ないのだろう? 日経電子版で2010年から2018年までに掲載された「モンゴル」というキーワードを含む記事の数を年毎にカウントしたところ、以下の結果になった。

2010年142件、2011年132件、2012年185件、2013年208件、2014年246年、2015年180件、2016年201件、2017年204件、2018年204件。ちなみに2018年の場合、204件のうち48件が相撲の話題、13件が柔道などその他スポーツの話題で、131件がモンゴルの政治経済や文化の話題、12件が内モンゴルの話題だった。

メディアが取り上げたがる国

日本のニュースによく登場する国は、断トツでまずアメリカ。そして中国、韓国、北朝鮮、ロシア。さらにイギリス、フランス、ドイツなどのEU諸国、イランなど中東諸国、インドなど……。基準は経済力と軍事力の大きさ、リーダーのインパクトだろうか。

直近の「世界の名目GDP国別ランキング(2017年、IMF)」は1位から順に、アメリカ、中国、日本、ドイツ、イギリス、インド、フランス、ブラジル、イタリア、カナダと続き、モンゴルは136位。「軍事力ランキング(2018年、グローバル・ファイヤーパワー)」は1位から順に、アメリカ、ロシア、中国、インド、フランス、イギリス、韓国、日本、トルコ、ドイツと続き、モンゴルは87位だった。ちなみに北朝鮮は経済力124位、軍事力18位で、そこまで上位ではない。

モンゴルの報道はなぜ少ない?

そこで「なぜ日本メディアの中のモンゴルの報道は少ないのか?」と大手通信社政治部の現役記者に聞いてみたところ、以下のような回答だった。……

記事の続きはこちらから➡️ デファクトガゼット新聞(2019.5.17)