menu

モンゴルの良い印象と悪い印象

Mongolian Economy(2017年10月発行)に掲載


「モンゴルの何が魅力?」と尋ねられたら、「大草原も星空も素晴らしい、でも一番興味深いのはモンゴルの人たち」と答えている。モンゴル人は日本人と考え方がすこぶる対照的なので、驚かされることばかりなのだ。

たとえばモンゴル人と会話していると、「この人は私に腹を立てているのだろうか?」と気になったことが何度もあった。モンゴルの人は「ありがとう」「ごめんなさい」をほとんど口にしないからだ。

ところが友人たちから、「お互いが信頼しあっている関係なら、お礼やお詫びをいちいち言うのは距離感を感じておかしい!」と言われ、やっとナゾが解けた。

そんなふうにモンゴル人と一緒にいると、10分おき(?)にカルチャーショックに襲われる。

赤ちゃんが羊のしっぽをおしゃぶり代わりに口にくわえている、見知らぬ人がいきなり手を握ってくる(足がぶつかったときのしきたり)、つぶれるまで酒を飲みたがる、やたら肉ばかり食べたがる、個人プレーが得意でチームプレーが苦手(過去にオリンピックでモンゴル選手が獲得したメダルは個人競技ばかり)、先の計画を練らず楽観的に考えてすぐ行動に起こす……。

多少の戸惑いはあっても異文化コミュニケーションは刺激的で楽しく、モンゴル人を知ることで日本人の特徴が見えてくるのもまた面白い。

いっぽう彼らからすれば、周囲との調和を重んじて自分をあまり主張しない日本人は摩訶不思議な生き物のようだ。「中国人は1日で決断し、韓国人は1週間で決断し、日本人は1ヶ月たっても決めない」というジョークは、モンゴルのビジネスマンの間で有名である。

一説では、日本人の気質は島国での定住型農耕生活で培われ、モンゴル人の気質は大陸での移動型遊牧生活で培われてきたと言われる。

日本人は近所の家々と稲作を共同で行うので、周囲との調和を優先しないと生きていけない。モンゴル人は、誰もまだ見つけていない良い牧草地をいち早く発見し、そこへすぐ移動しないと生きていけない。

遊牧民は、優柔不断でおとなしい羊と気の荒いヤギをわざと一緒に混ぜて群れを作る。そこに利点があるように、日本人とモンゴル人も、キャラクターが違うからこそ互いに学べることがある。

さて、2017年はモンゴル・日本の外交樹立45周年にあたる。二国をつなぐ太い架け橋といえば、やはり大相撲。19年ぶりに日本人横綱が誕生し、大相撲は連日チケットが完売する人気ぶりとなっている。

しかしかつて豪快な取り組みで相撲を熱く盛り上げた元横綱・朝青龍関や、賭博問題で相撲人気が低迷していたときに一人横綱として大相撲を支え続けた横綱・白鵬関の功績を、私たちは忘れてはいけないと思う。

彼らスーパーヒーローに憧れ、日本に相撲留学するモンゴルの少年も増えている。今年の高校インターハイでは、アマルサナー・アマルトゥブシン選手が外国人として史上初めての高校横綱になった。

彼の指導者である鳥取城北高校相撲部顧問のガントゥクス・レンツェンドルジ先生は、照ノ富士関、逸ノ城関、貴ノ岩関、石浦関など人気力士を何人も育成し、舞台裏で大相撲に貢献している。

大相撲のモンゴル力士たちこそ、多くの日本人にとっての強い「モンゴルの印象」。文化の違いに惑いながらも、相撲界を盛り上げている偉大な力士たちに感謝の気持ちを伝えたい。

 

個人的に感じるモンゴルの良い印象
● コミュニケーション能力が高い
(どこでもすぐ他人に話しかけるし、草原でも街でも人々はいつもおしゃべりを楽しんでいる)
● 親を大切にし、人と助け合う
(こちらが困っていると、たとえ初対面でも、なんとかして助けようとしてくれる)
● 伝統的しきたりと遊牧文化
(先祖から継がれてきたユニークなしきたりと遊牧文化には、モンゴル独自の精神と知恵が含まれている)
● ジョーク、酒、歌、ダンス
(「アジアのラテン」と言われることもあるくらい、ジョークと酒と歌とダンスが好き!)

個人的に感じるモンゴルの悪い印象
● 日本が援助した新空港がいつまでたってもオープンしない
(新空港に関わるビジネスを計画していた私の友人たちは、たびたびの開港延期にガッカリしている)
● 学校や産婦人科施設が足りていない
(国の長期的な発展のためには、子どもと母親の安全がまず先に確保されるべき)
● 若者に肝炎キャリアが多い
(「医療費が高くて治療できない」と、モンゴルの若者たちから相談されて気になっている)
● 酔っ払い、スリ、車、大気汚染
(女性や外国人が安心して1人で出歩ける街になれば、観光客がもっと増えるはず)

 

足をふんだら握手してすぐ仲直り

柱をよけるときは全員同じほうから

アーカイブ

PAGE TOP