アエロ・モンゴリア着陸時にMIATを超える大きな拍手が起きたワケ

モンゴルから帰国しました。今回の渡航目的は音楽フェスPlaytimeの取材で、そのことはまた改めて書きます。まずは、乗ってみたかったアエロ・モンゴリア便に初搭乗したのでそのレポートです。

成田空港からモンゴルの首都ウランバートルにあるチンギスハーン国際空港まで直行便で行くなら、MIATモンゴル航空と2022年に就航したアエロ・モンゴリア航空の2択です。アエロ・モンゴリアは成田空港ターミナル1から出発で、MIATのターミナル3とは違うので要注意です。

MIATとほぼ同じ時刻の14:30出発。

12時前に着いたらカウンターはまだガラガラ。

荷物の重量制限について。出発前に機内預け入れ荷物は20kgまでという有力情報を得て、さすがに無理なので早々にあきらめ(重量オーバーで支払う6,000円を覚悟で)27kgのスーツケースで行ったところ、チェックイン時に「預け入れ荷物は23kg、持ち込みの手荷物は5kgです」と言われました。MIATと同じなんですね!

北ウイング。

MIATとの大きな違い……それは飛行機に乗りこむ搭乗ゲートが遠ーーくない!  MIATの場合、搭乗ゲートまで1kmくらい距離があるのでは!? と思えるほど遠いので、これは嬉しいです。

内部は左右3席ずつ、全体で150席ぐらいでした。MIATよりすこし古い機体かもしれません。座席は革張りのような素材で、前の席との間隔が狭めです。

荷物を入れるところ。

私の座席は8C。席に座ろうとしたら、窓際2席にいる二人の女性が立ち上がってCAさんにヘルプを求めていました。どうやら彼女たちは、機内に持ちこんだ自分の小型スーツケースを頭上の荷物入れに入れようとしたところ、先に誰かが大きな荷物(緑色)を入れてしまっており、収納スペースを失ってしまったようです。周りにも空きスペースはありません。「緑色の荷物はどなたのものですか?」とCAさんが呼びかけても皆「違う」と首をふります。

CAさんが二人の女性に「頭上に入らない場合は機内前方で預かります」と告げると、座席8Bの女性が「私は妊娠中なのでそばに自分のスーツケースがないと不安です」と困り顔。結局、機内前方で預かることになったものの、「(人のスペースに勝手に自分の荷物を置いてしまうのは)いかにもモンゴル人らしい問題点だわ!」と妊娠中の女性が私の方を向いて言いました(私のことを内モンゴル人だと思っていたそうです)。

機内を見渡すと、自分以外に日本人がいるのかいないのか?  パッと見てもわからないくらい、モンゴル人だらけでした。

荷物問題がきっかけで隣の女性たちと仲良くなり、フライト中ずっと話していました。窓際の女性は外の景色に夢中で「別の飛行機と私たちの飛行機がすごい近距離で今すれ違ったわよ!」と大興奮。二人は私立高校の教員仲間で、勤務先の学校からプレゼントされた日本旅行に行ってきた帰りだそうです。

後ろに座っていた男性のブーツがかっこいい!

ゴビアルタイ県の遊牧民だそうです。

念願の日本旅行へ行ってきたとのこと。

「富士山へ行ったし、モンゴルの帽子を被って日本の馬にも乗ったんだ!」と嬉しそうでした。

やがてCAさんが機内食を配り始め、どことなくソワソワする機内。まずはお子さんのみにハンバーグのような機内食が提供されて、そのあと大人の番に。

選択肢はビーフ or チキンで、デザートに新鮮なフルーツも。味は美味しかったです。日本のキットカットやKiriのクリームチーズもついていました。アエロモンゴリアの社長は日本留学経験があり、日本へたびたび訪れていることとも関係あるのかもしれません。個人的に残念だったのはアルコールの提供が一切ないことでした。。。

驚いたのは、飛行機がチンギスハーン国際空港へ着陸した瞬間、機内で大きな拍手がパチパチパチとわき起こり、機長挨拶が終わったときに再び拍手が起きたこと!

ちなみに例の緑色の荷物の持ち主は、機内の最後部に座っていた日に焼けたモンゴル人男性二人組でした。中身は何だったのか……?

空港で突然目の前に現れたスギちゃんっぽい方、タクシー運転手だそうです(笑)。「市内までの車が必要じゃないか?」と話しかけられました。

空港内にいた髪の毛までピンク色に染めたお母さんとお嬢さん。派手で個性的なファッションを見ると、モンゴルへ来た実感がわきます。

そしてここからは、帰国時のアエロ・モンゴリア便のこと。

MIATよりほんの少しだけ遅い朝8時出発の便。男の子が眠たそう、私も眠い……。

チェックインを終えて空港内のカフェに入りました。こんなケーキも売っています。

搭乗前に両替。1トゥグルグあたり約21円。モンゴル現地でも円安がニュースになっていて、「日本円が急落しているんでしょ? お互い大変よね」と人々から言われました。

搭乗ゲート付近はかなり混み合っていました。

飛行機に乗りこむ直前、のチンギスハーン。

帰りの機内食は行きと内容が違いました。行きの方が美味しい!

しかし往路同じだったのは、成田空港到着時に拍手がまた起きたこと!  MIATでは拍手が起きるときもあれば全く起きないときもあります。アエロ・モンゴリアの乗客はほぼモンゴル人だからなのかなと思いました。

帰国日の朝5時、空港へ向かうため外に出たら大きな虹がかかっていました。

MIATが着陸すると、なぜ拍手が起きるのか?