menu

子どもたちは絵本のなかでモンゴルに出会う

Mongolian Economy(2017年9月発行)に掲載

 

インターネットで簡単に情報を得られるようになったこともあり、日本で出版される本の年間売上額は10年前に比べると約60%に減少しました。しかし児童書のカテゴリーは別です。いつの時代も、大人は大切な子どものために良い絵本を積極的に買うからです。そんな日本の児童書分野で、モンゴル人女性のバーサンスレン・ボロルマー(Баасансүрэн Болормаа)さんは、これまで16冊の絵本や紙芝居を出版しました。

絵本のマーケットは不況を知らない

日本の年間出版物売上推定額は、ピークを記録した1996年で約2兆6563億円。しかしその後減り続け、2016年は1兆6618億円になりました。このうち電子書籍のカテゴリーは少しずつシェアを伸ばしていて、2020年には3000億円に達すると予測されています。いっぽう紙の書籍は、雑誌や文芸など多くのカテゴリーが売上減少傾向にあるものの、児童書は800億円前後の売上を変わらずキープしているのが興味深いです。

日本では毎年約4000点の児童書が出版されており、絵本もここに含まれます。子どもに新しい世界との出会いをもたらす絵本は、子育てに欠かせない重要アイテム! 親は子どもから「この本読んで」とせがまれ、読み聞かせる間、親子は同じ世界を共有します。子どもは気に入った絵本を何度もくりかえし読み、豊かな言葉と絵に触れながら成長していきます(ちなみに、ここで言う絵本はマンガとは別のもの)。
 

ボロルマーは世界の子どもにモンゴルの魅力を伝える

そんな日本の絵本の世界で多くのファンに愛されているのが、バーサンスレン・ボロルマーさんの作品です。

彼女は1982年、モンゴルの首都ウランバートル生まれ。社会主義から民主化主義へ移行したことがきっかけで、彼女の実家はとても貧しくなりました。

ところが生活がどんなに苦しくても、母親はボロルマー少女に絵画教室へ通わせることをやめず、同居していた祖母は彼女に草原の暮らしについて毎日いきいきと語り聞かせたそうです。そのおかげでボロルマーさんは昔も今も、遊牧文化を絵で表現するのが大好きだと言います。

1991年、9歳のときに彼女は在モンゴル日本大使館主催の絵画コンクールで優勝し、初めて日本を訪れました。中学生になると、J.ダシドンドグさんなど有名なモンゴル児童文学作家たちの本に挿絵を描く仕事を始め、その後も国内外のコンクールで23個のメダルと44枚の表彰状を受けて、絵を描くことが生きるための希望の光になっていきました。

モンゴル文化芸術大学に入ったボロルマーさんは、後に夫となるイチノロブ・ガンバータルさんと出会います。2004年に日本のコンクールで優勝したのをきっかけに、夫婦は日本で絵本作家としての活動をスタートしました。

ボロルマーさんとガンバータルさん(2017年の船橋アンデルセン美術館の個展会場にて)

作品の多くは、二人の共作です。日本ではこれまで合計16冊の絵本を出版し、いくつかはモンゴル、中国、台湾、韓国、カナダ、フランス、ベネズエラ、デンマーク、スウェーデンでも翻訳出版されました。遊牧民の暮らしやモンゴルの伝統的な民話が、作品のモチーフになっています。

代表作は『トヤの引越し(Тyяагийн нүүдэл)』。外国の子どもは、この絵本を通して、広大な草原で季節ごとに移動しながら生きるモンゴル遊牧民や動物の存在と出会います。

「読むたびに新しい発見がある絵本を作りたい」とボロルマーさん。どのページをめくっても小さな草の1本1本まで丁寧に描かれ、宝物にしたくなるような絵本ばかりです。

『トヤの引越し』より

モンゴル800年の歴史を描くプロジェクト

2017年前半、ボロルマーさんたちは『あわてんぼうのウサギ(Сандруу туулаи)』と『ゴビのうた(Гобини дуу)』を日本で出版し、2つの個展も成功させました。そして今、チンギス・ハンから始まったモンゴル800年の歴史を1冊の絵本にするという、大きな仕事に取り組んでいます。

モンゴル800年史の絵本のために描かれた絵

「どの民族にも、先祖から伝えられてきた民話や伝説、習慣、宗教、教訓があります。グローバル化が進む現代、子どもにとって、その民族ならではの心の教育や道徳を学ぶこと、それを守り後世に伝えていくことの大事さを私は感じています」とボロルマーさんは話します。

そのための素晴らしい道具になるのが、絵本。文字だけの本は難しくて読む気がしない子でも、絵本なら楽しく読めるからです。

日本の小学校の教科書には『スーホの白い馬(Suhogiin tsagaan muri)』というモンゴル遊牧民少年と馬頭琴の物語が収録されています。内モンゴルから伝わった話だと言われますが、多くの日本の子どもが、この物話をきっかけにモンゴルを知ります。大人になってからも、スーホと白馬の愛情深く悲しい物語は彼らの心から消えません。良い絵本は、それほど人の人生に大きなインパクトを与えます。

私はモンゴルに行くたび、書店で魅力的な絵本を探します。単純に自分が読みたいというのもありますが、人にお土産として贈ることもあります。モンゴルには面白い民話が数多くあるので、絵本の文化がもっと発展し、素晴らしい作品がモンゴルでもっと出版されることを期待しています。

モンゴル行き航空券がもっと安ければ

足をふんだら握手してすぐ仲直り

アーカイブ

PAGE TOP