menu

夜泣きにロウソクの魔法

ウランバートル在住の友人ターニャの家に泊めてもらったときのことです。

ある晩、生まれて間もない赤ちゃんが激しい夜泣きを始めました。
どんなにあやしても泣きやむ気配がありません……。

するとターニャはキッチンへ行き、ロウソクとマッチ、水を入れたおわんを準備。
ロウソクを熱し、溶けたロウを水の中にポトンと落としました。

「なにを見て怖がっているの?」と唱えて、
時計回りに3回、逆回りに3回、ゆっくり水をかき回し……

今度は旦那さんが、おわんの上で、抱き上げた赤ちゃんをゆっくり揺らします。

そしてターニャが固まったロウを水から出し、
じーっとよくよく眺めて「……犬だ!」と言いました。

私にはむにゃむにゃの白い塊にしか見えませんでしたが、
ロウに犬の顔が浮かび上がっているというのです。

つまり赤ちゃんをひどく泣かせていた犯人は、
怖ろしい犬の魔物だったというわけです……。

魔物が映しだされたロウの塊を北の方角へエイっと投げ捨てて、儀式は終了。
赤ちゃんはすっかりおとなしくなり、すやすや眠ってしまいました。

この儀式は、もともとスズなどの金属を使っておこなっていましたが、
熱すると危ないのでロウソクで代用するようになったそうです。

おまじないの効果を目の当たりにした不思議な夜でした。

もしモンゴルが100人の村だったら

夏の草原360度

アーカイブ

PAGE TOP