モンゴル人が「ありがとうございます」を語呂合わせしたらこうなる

今日は新宿のモリンホール屋へ行きました。日本、モンゴル、内モンゴル、満州出身の方が来店され、賑わっていました。オーナーのウルグンさんの誠実な人柄もあり、土曜日夜のモリンホール屋は満員でした。

さて、今日お店で知り合った内モンゴル人の留学生からこんな話を聞きました。日本の大学で西洋画を学んでいるという彼は、日本語を覚えやすくするため語呂合わせを自分で考えて勉強しているそうです(ちなみに彼の日本語はすでにペラペラです)。

たとえば「ありがとうございます」の場合、「Арын айлын гүзээтэй баас」(アリン  アイリン グゼーテイ バース)という語呂合わせで覚えたんだそうです。このモンゴル語の意味は、「隣の家にいる羊の第三の胃の糞」。

余談ですが、Facebookが社名を「メタバース」に変更すると世界中でニュースになっていますね。モンゴル語でバースは糞のことなので、メタバースと聞くたびにヘンな感じがします……。