青年達の「正義」は実るか?

写真提供:正義党
Print Friendly, PDF & Email

(写真提供:正義党)

元日本留学生達による新政党の誕生

 現在日本にはモンゴル人留学生が約3000人いる。その中には「将来モンゴルで選挙に出馬して腐敗した政治を変えたい」と熱い胸のうちを語る人もいる。そんな青年達の思いが結実して今年、新しい政党が誕生した。「正義党(Зүй Ёс Нам)」という。2020年の国政選挙を見据え、政党結成に奔走してきた中心メンバーは約50人。彼らは日本への留学経験を持ち、平均年齢40歳前後と若い。

 新政党の構想が生まれたのは2年前だった。モンゴルで新たに政党を作るためには、選挙権を保有するモンゴル人のメンバーが801人以上必要になるが、正義党には18歳から80歳まで1500人ほどが集まっており、今も増え続けている。今年6月に最高裁判所へ新党結成の申請を出し、9月12日に正式認可が下りた。今後は具体的な政策を練りつつ、選挙区や出馬者を検討する段階に入っている。

法の遵守と制度改革

「党のポリシーは主に2つです。法治国家を目指すことと、それに並行して公正な社会を担保する制度改革を目指すこと。モンゴルは民主化して30年ほど経ちますが政治腐敗が多く、制度に大きな欠陥があることは明らか。その改革も進めないといけません」。そう話すのは、正義党党首のナサンビレグ・バトバヤル氏だ。周囲からはナスカという愛称で呼ばれている。……

 

記事の続きはこちらから➡️ デファクトガゼット新聞(2019.11.13)