鳥取城北高校が金沢大会で2連覇! ソソルフー選手も勝利に貢献

Print Friendly, PDF & Email

第105回高校相撲金沢大会が10月10日、石川県立卯辰山相撲場で2年ぶりに開かれました(昨年はコロナのため中止)。38都道府県から55校が出場し、団体では鳥取城北高が一昨年に続いて2大会連続で優勝を果たしました。

鳥取城北高校の団体選抜メンバーの中に選ばれた、モンゴルからの留学生であるソソルフー・アルタンゲレル君は現在高校2年生。再来年の春に高校を卒業したら、元横綱・白鵬関が新設する相撲部屋に外国人枠で入るはずです。ここで白鵬関に鍛えられ、横綱を目指していくことになります。鳥取城北高校の先輩である逸ノ城関に続く遊牧民出身力士として、大いに相撲界を盛り上げていくと思います。