CATEGORY 外交/Diplomacy

外交/Diplomacy

「クアッドプラス」にモンゴルは不参加?

アメリカのマイク・ポンペオ国務長官が今週来日します。同じタイミングで韓国とモンゴルにも行く予定でしたが、そちらは中止されました。「トランプ大統領が新型コロナウイルス陽性となったため、日程を短縮した」という報道が多いですが…

外交/Diplomacy

中国へ3万頭の羊をプレゼント(コロナ続報)

<雑誌掲載記事の一部を掲載しています>  モンゴル人は熱い性格の人が多い(たとえば朝青龍のような)。他人と群れるより個人プレーを好む人も多い。そんな彼らが集団になって燃えるとすごい。今回のコロナ騒動で、そう感じる出来事が…

外交/Diplomacy

ロシアの影

<記事の一部を掲載しています>  初めてハルハ河戦争(ノモンハン事件)の現場へ行った。そこには、ゆるやかに蛇行する細長い河と草原のほかに何もなかった。モンゴルの東の果てに位置し、街からは遠く離れ、かつての壮絶な戦闘が嘘の…

De facto gazette

ノモンハンの温度差

フォトジェニックな国 8月12〜21日に開催された「MONGOLIA TODAY」というプログラムに参加した。世界各国のフォトジャーナリストが共に旅しながらモンゴルの魅力を写真で表現し、最終日にザナバザル美術館で写真展を…

外交/Diplomacy

ノモンハンの亡霊

 8月、私はモンゴルを旅した。首都ウランバートルを車で出発後、1日あたり300〜400キロをひたすら東へ向かって走り続ける。舗装されていないオフロードを走るときは車が上下に激しくゆれ、まるでロデオの馬に乗っているようだっ…

De facto gazette

米国、中国、そしてモンゴル

加熱する米中貿易戦争  世界の動きが凄まじい。5月5日にトランプ大統領が中国からの2000億ドル相当の輸入品に対して関税率を10%から25%に引き上げることを表明すると、報復として、5月13日に中国がアメリカからの600…

De facto gazette

日本メディアの中のモンゴル

相撲と草原のほかに何がある? 「モンゴルといえば何を思い浮かべますか?」と日本人に尋ねてみると、こんな答えが返ってくることが多い。相撲、朝青龍、白鵬、草原、スーホの白い馬、星空、マンホールチルドレン……。「ウランバートル…

ビジネス/Businees

太陽と風の産業

<記事の一部を掲載しています> ここ数年、モンゴルは厳しい経済難に陥っている。この国の経済がなかなか発展しない理由のひとつは、国を支える産業がないことだろう。 広い国土には銅、石炭、金、ウランなど豊富な地下資源があり、鉱…

De facto gazette

アジアスーパーグリッドはどうなった?

アジアスーパーグリッドは実現する? 2011å¹´3月11日の東北大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故後、ソフトバンクグループ代表の孫正義氏が提唱したアジアスーパーグリッド(ASG)構想。日本・モンゴル・中国・韓国…

Mongolian Economy

インベストモンゴリア2017

Mongolian Economy(2017å¹´12月発行)に掲載 「第5回インベストモンゴリア 2017」が11月24日に東京市ヶ谷のJICA地球ひろばで開催され、日本、モンゴル、欧米など各国から37人のスピーカーと28…

Mongolian Economy

花田麿公元大使がモンゴルを語る

Mongolian Economy 日本モンゴル外交樹立45周年記念号(2017å¹´10月発行)に掲載 日本とモンゴルの国交樹立を語る上で欠かせない人物の一人が、花田麿公(まろひと)元駐モンゴル大使(1999〜2002年在…

Mongolian Economy

モンゴル新首相の初出張

Mongolian Economy(2016å¹´11月発行)に掲載   新内閣発足から約100日後にあたる2016å¹´10月12〜15日、新首相エルデネバト氏は初の外遊先として日本を訪れました。10月13日に東京で…

イベント/Event

アジア欧州首脳が7月ASEMでモンゴルに集結

イギリスEU離脱のニュースが世界中に衝撃を与えています。イギリスはどこへ向かうのか、初の離脱国を出したEUはここから結束を強められるのか、世界にどれほどの影響が及ぶのか、目が離せません。 奇しくもこのタイミングで、7月1…