遊牧民のシンプルライフ

Print Friendly, PDF & Email

<記事の一部を掲載しています>

 アメリカ人女性が留学先のパリで学んだ生活術を綴った本、『フランス人は10着しか服を持たない』が日本でベストセラーになった。私も読んでさっそく影響を受け、手持ちの服を処分したりしたが、そのときふと思った。モンゴルの遊牧民は10着も服を持っていない……たぶん 3着くらい!?

 ある外国人写真家が各国をめぐりながら、現地の人が所有するモノの数を調査したところ、モンゴル人は1人あたりの所有物が約300個で、日本人は約6000個だったとか。個人差があるとはいえ、日本人はモンゴル人の20倍所有しているということになる。

 消費が加速し、日常生活がモノであふれかえる反動で、いま国内外は断捨離や片づけブームが熱い。しかしもともと最低限のモノしか持たない遊牧民は、そんな苦労とは無縁の世界で淡々と暮らしている。

 彼らがモノを溜めることに興味がないのは、季節が変わるたびに引っ越しをするからだ。プロの業者が来てくれるわけではなく、家族総出で、ときに親戚や友人の助けも借りて、自分たちで荷物を運ぶ。移動式住居のゲルを1時間半ほどで解体したら、その部品と家具をラクダの背中やトラックに積んで次の宿営地へ。そこでまたゲルを組み立て、家具を設置して作業完了。数百頭の家畜(馬・牛・羊・ヤギ・ラクダ)は、ぞろぞろ歩いて自力で大移動する。

 そんな人生だから、モノを所有することに対する欲がない。日本人のように、土地も家も財産とみなし子孫へつないでいく農耕民族の思考とは正反対だ。

 モンゴル語では家畜と財産を同じ単語であらわす。つまり家畜は財産そのもので、遊牧民の生活は家畜を中心にまわっている。家畜の肉を食べ、毛からゲルを覆うフェルトや民族衣装のデールをつくり、皮を街で売ってわずかな現金収入にするのだ。

…………

⬇️全文(残り約1000文字)は月刊望星2020年3月号でご覧ください。

東海教育研究所 http://www.tokaiedu.co.jp/bosei/koudoku.html